2017年07月07日

上川口小学校5年生の総合的な学習『みんなが安心して暮らせるには〜福祉を考え、行動しよう〜』に出席しました。《7月4日(火)》

車いすを利用されている方や目の不自由な方の生活を体験することで、気持ちに寄り添いながら支援の仕方を学ぶことを目的として、上川口小5年生が車いす・アイマスクの体験をされ、社協から出席しました。
体験では、2人1組のペアになり体育館内でマットを敷いて段差をつくり、昇り降りなどの練習をしました。「はじめは難しかったけど、練習したらできた」「説明を聞いて、きちんと介助してもらうとこわくなかった」と、児童たちの感想がありました。
 社協が無料配布をしている障害のある方・支援する方用のビブスの紹介も行いました。
このような福祉の輪を広げるための講話や体験学習等のご依頼がありましたら、ぜひ社協までご連絡ください。


 1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG








posted by 福知山市社会福祉協議会 at 17:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: