2016年09月02日

HUG体験に伺わせていただきました。《8月10日》

京都府女性の船「ステップあけぼの」の皆さんが、京都府の輝く女性地域プラットフォーム推進事業の中丹地域の取組として、今年10月の地域防災学習講座の開催に向けて、8月10日に「第3回企画・検討会議」を行われました。地域防災学習講座で「HUG」と呼ばれる「避難所運営ゲーム」を予定しておられるため、今回、事前に「HUG」の体験をされることになり、社協より講師として出席をしました。
「HUG」とは避難所(H)運営(U)ゲーム(G)と頭文字をとったものとHUG=抱きしめるという2つの意味を持っています。
オリエンテーション・ゲーム説明後、いよいよゲーム開始。
本会職員も参加して2班に分かれ、読み上げ役とプレーヤー、記録係を決めてゲームが開始しました。
250枚のカードが読み上げられるのに対応しながら、地図上に避難者を配置あるいは、避難者の要望や突発事態への対応が必要となり、あっという間にゲーム終了となりました。今回は、時間の都合上、意見交換が できませんでしたが、避難所運営に必要なこと等を、HUG体験を通して気づくことができた時間になりました。

IMG_2032.JPG

IMG_2041.JPG

IMG_2044.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 09:53| Comment(0) | 日記