2018年08月10日

平成30年度交流遊具贈呈式(交流遊具等設置支援事業)を行いました。《8月6日(月)》

8月6日(月)に交流遊具等贈呈式を行いました。
本事業は赤い羽根共同募金や善意の寄付を財源として、青少年健全育成の一環として子どもの遊び場の遊具の設置、世代間交流等行事遊具の贈呈をしています。
今年度は申請のあった10自治会に、すべり台・グランドゴルフセット・ワンタッチテントを贈呈しました。(遊具は9月以降に設置の予定です)

世代間交流の事業に活用いただき繋がりが深まるよう取り組みをお願いいたします。
(贈呈した自治会と遊具等については、社協広報誌「しあわせ」に掲載します。)


1.JPG
贈呈式

2.JPG
グランドゴルフセット

3.JPG

4.JPG
ワンタッチテント
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 17:54| Comment(0) | 日記

宮城県石巻市社会福祉協議会の方々が、来訪されました。《8月2日(木)》

8月2日(木)、宮城県石巻市社会福祉協議会の大槻会長様と阿部課長補佐様が、来訪されました。今回の7月豪雨での福知山市の被災に対し、お見舞いとして来訪してくださいました。遠い東北の地からも、応援していただいていることをお聞きし、多くの方々が支えてくださっていることを感じました。いただいた災害支援金につきましても、今後の支援活動に活用させていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。


1.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 16:33| Comment(0) | 日記

2018年07月11日

紫陽花の会へ、福祉出前講座(ふれあいいきいきサロンについて)に行ってきました。《7月2日(月)》

7月2日(月)、紫陽花の会では、福知山市社会福祉協議会の福祉出前講座を活用し、サロン活動をされました。
 『サロン』には、集う・集まるという意味があるということを伝え、定期的な取り組みと活動参加、そして“お互いが地域で支え合う関係づくり”を呼びかけました。そして平成30年度の大江地域については23サロンが登録されて活動されていることも加えて説明しました。次に、ストレッチ体操や四色漢字の脳トレ、リズムカード合わせゲームに取り組んでもらいました。
 紫陽花の会における福祉出前講座の全体を通して、参加された皆さんの笑顔を増やし、高揚感や意欲等を増進させることができました。皆さんから、「頭を使ったり身体を動かしたりと非常に良かった」「みんなと手を叩いたり声を合わせたり出来てすごく良かった」「手作りの用品で関わってもらえたこと、新しい体験が出来て嬉しかったです」「こうやってお話しやゲーム等ができて楽しい時間が過ごせました」といった感想をいただきました。


1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 23:21| Comment(0) | 日記

2018年07月05日

視覚障害者のつどい〜ふれあい日帰り旅行〜を開催しました。《6月27日(水)》

6月27日(水)、兵庫県神戸市方面へ、視覚障害者のつどい〜ふれあい日帰り旅行〜へ行ってきました。本事業は、視覚障害者の皆さんの情報交換や交流の場となるとともに、社会参加の契機となることを目的に開催しています。今回は、「神戸フルーツフラワーパーク」へ行き、お花や食事を楽しんでいただきました。また、昨年12月に設立されました、「神戸アイセンター病院」へ行き、眼科領域の医療のお話や、「オトングラス」という見た文字を読み上げる機器の体験などをしました。
今後のためになるお話もあったり、皆さん思い思いに楽しんでいただくことができました。


1.JPG

2.JPG

3.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 11:26| Comment(0) | 日記

2018年07月04日

美河小学校へ、福祉出前講座(福祉体験〜アイマスク・車イス〜)に行ってきました。《6月21日(木)》

6月21日、美河小学校では、3・4年生を対象に障害者理解教室を開催され、福祉出前講座に行ってきました。3年生が車イス体験を、4年生がアイマスク体験をされました。生徒からは、「声をかけていくことは大事だと思いました」「良い体験になりました」などの声がありました。美河小学校からは、「実際に体験したことを通して、介助者側と介助を受ける側の両方の気持ちを子どもたちが考えるといった福祉の心のきっかけになればと考えています」といった感想もいただきました。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 09:40| Comment(0) | 日記

2018年07月03日

夜久野地区の下町元気会(サロン)へ、福祉出前講座に行ってきました。《6月22日(金)》

6月22日(金)、夜久野地区の下町元気会(サロン)へ、福祉出前講座に行ってきました。始めに社会福祉協議会の事業の紹介として、「ささえあいパートナー事業」「安心生活見守りキーホルダー事業」「安心生活見守り電話」のご紹介をさせていただきました。その後、ケアマネジャーの塩見より「介護保険制度について」のお話をさせていただきました。内容的にはなかなか難しいお話でしたが、皆さん熱心にお話を聞いていただきました。

1.JPG

2.JPG

3.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 21:14| Comment(0) | 日記

夜久野地区のなごみ会さんへ、福祉出前講座に行ってきました。《6月8日(金)》

6月8日(金)、夜久野地区のなごみ会さんへ、福祉出前講座に行ってきました。始めに福知山市危機管理室の職員さんより、「災害に備えて〜いのちを守る行動を〜」ということをテーマに、避難についてのお話やハザードマップの活用の仕方をお話していただきました。次に、社協から「災害時役立ちグッズ」の講座を行いました。新聞紙スリッパ、新聞紙カレー皿、風呂敷リュックサックの3種類を、参加者の方々と一緒に作成しました。参加者の皆さん、楽しく取り組んでもらいました。
福祉出前講座のご依頼等がありましたら、お気軽に社会福祉協議会までお問い合わせください。


1.JPG

2.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 21:01| Comment(0) | 日記

2018年04月03日

ささえあいパートナー事業協力者養成講座を開催しました。《3月22日(木)》

3月22日(木)、市民交流プラザふくちやまにて、「ちょっとした困りごと」を、地域の住民同士で支え合い、誰もが安心して暮らすことのできる地域を目指すことを目的の、「ささえあいパートナー事業」協力者養成講座を開催しました。
午前の講義では、「個人情報について」、「コミュニケーションの手法」、午後の講義では、「心配蘇生法・AED体験」を行いました。長時間の講座にも関わらず、皆さん熱心に受講されました。


1.JPG

2.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 08:35| Comment(0) | 日記

2018年03月19日

「災害ボランティアセンター市民サポーター養成講座」を開催しました。《3月3日(土)》

3月3日(土)、消防防災センターにて、災害ボランティアセンター市民サポーター養成講座を開催しました。市民サポーターとは、災害時に共に現地災害ボランティアセンターの運営を行う方で、平常時の講座、研修、訓練への参加や、非常時には運営スタッフとして活動していただきます。
今回の講座では、始めに災害ボランティアセンターの役割や運営について説明し、その後、災害ボランティアセンター運営の模擬体験をするワークショップを行いました。
市民サポーターは市内外問わず、活動していただける方に、登録していただき、登録後は、研修や訓練等の情報提供をしています。登録については、随時受け付けていますので、詳しくは福知山市社会福祉協議会にお問い合わせください。


1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 16:02| Comment(0) | 日記

2018年03月13日

肢体障害者のつどい絵手紙作品展を開催しています。《3月8日(木)〜3月22日(木)》

3月5日(月)平成29年度肢体障害者のつどいを開催しました。肢体障害者のつどいは、日頃の悩みや思いを語り合ったり、運動や体験を通して交流を深めることを目的に毎年開催しています。参加者の皆さんに作っていただいた「絵手紙」の作品を、3月8日(木)〜3月22日(木)の間、総合福祉会館1階ロビーに展示しています。季節の野菜や果物など、色鮮やかな作品です。皆さんぜひ会館へお越し頂き作品をご覧ください。

1.JPG

2.JPG
posted by 福知山市社会福祉協議会 at 19:07| Comment(0) | 日記